検査・手術案内

内視鏡による大腸ポリープの切除

大腸の検査でポリープが見つかった場合、内視鏡の先端から専用の切除器具を出してポリープを切除する手術を行っております。この手術は、開腹の必要がなく、小さいものであれば日帰りによる手術も可能です。念のため1泊入院をして頂くことも可能です。検査~手術まで、お仕事や家事をお休みしなくてよいスケジュールをご用意いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

内視鏡学会専門医が内視鏡を用いたポリープの切除を行います

当クリニックでは、安心して検査を受けて頂けるよう、内視鏡学会専門医が内視鏡を用いたポリープの切除を担当いたします。また、できるだけ患者さんの負担をかけないように配慮した手術を行っております。

2020年内視鏡検査実績

胃内視鏡検査4,699件大腸内視鏡検査3,981件をそれぞれ施行いたしました。
<愛知県では数少ない人工知能を使った大腸内視鏡カメラの使用もできます。>

ご希望に応じた提携病院1泊入院も可能です

ご希望に応じ、提携病院にて1泊入院をして頂くことも可能です(事前のご予約が必要です) 。

ご予約・お問い合わせ
上部内視鏡検査(基本予約制)℡ 052-564-5558 (FAX 052-564-5553) 条件が整えば、予約無しの当日検査も可能です。
胃カメラ・大腸カメラ検査予約 WEB予約はこちらから
来院前のご記入にご協力ください WEB予約はこちらから

ページの先頭へ